お金を借りる時は少額融資で早く返済する事が大切

お金を借りる場合は金利を重視してなるべく低く設定されている金融業者を選ぶ事が大切です。できればそういうところから少額融資してすぐに返済するとその分利息を減らす事も出来てしまいます。銀行カードローンの金利は低く設定されていておすすめなのですが、金利が高く設定されていてはどのようになるのでしょうか?

金利が高く設定されているのは消費者金融で最高金利が18%と高く設定されています。そのため少額融資はもちろんですが返済期間も出来るだけ短くしていかなければいけません。返済などはインターネットなどいつでもでできますのでお金に余裕がある時は少しでも多く返済してしまいましょう。

消費者金融は金利が高く設定されている分即日融資に対応しています。また初めて利用する人を対象に最初の30日間だけ無利息でお金を借りる事が出来ます。こういったサービス内容を見てみると改めてお金を借りる時は少額融資で早く返済するのが大切だという事が分かります。




知名度が高いプロミス

知名度が高いのは、プロミスとなっています。プロミスとは、全国に店舗が存在している大手の消費者金融の事であれば、顧客が非常に多いです。接客サービスが徹底されているので、初めてキャッシングをする方にとっては魅力的となります。疑問に感じる事を質問すると丁寧に従業員の方が解説してくれるので、納得して契約を結ぶ事が可能です。

キャッシングは、個人に対して資金を融資する事を意味しており、保証人などを必要としない事が魅力となっています。プロミスに関しては、年会費やカード発行手数料が無料なので、経済的な負担を軽減する事ができます。そのため、契約だけでも結んでおけば、突然の出費が生じたとしても問題はないです。

プロミス(Promise)でキャッシングをする為には、申し込みを済ませた後に審査を受けて合格をする事が求められます。安定した収入があり、尚且つ、勤続年数が長ければ容易に審査に合格をする事が可能です。審査に合格をしたのであれば、キャッシュカードが支給されるので、これを使用してATMから金銭を借りる事になります。

ATMからであれば、資金を借りる時間帯に制限が設けられておらず、いつでも金銭を調達できます。ただし、資金を借りる時間帯によって数百円の手数料を負担しなければならないです。この事も理解した上で、キャッシングを利用する事が重要となっています。返済期日までに完済をしないと延滞金を支払って、余計な出費が生じるので注意が必要です。




カーローンの利用とサービス

買い物をされる場合には現金やクレジットカードなど、様々な方法で支払いをすることができます。購入されるものの金額によってクレジットカードを使う場合には分割払いやリボ払いもすることができ、無理なく買い物をすることもできますが、購入されるものの金額が高い場合には支払いも分割払いも難しくなってしまいます。

高額な買い物では住宅や土地などをイメージされる人もみえますが、多くの人が購入をされて運転をされている自動車は高額で中々買うことも難しいものとなっています。高額な自動車を購入される場合には現金での一括での支払いは大変難しく、多くの人がカーローンを利用されて購入されています。カーローンは購入される自動車の金額や収入を考えて支払いを決めることができて、無理なく購入することができるようになります。

カーローンの種類も多くなっており、より便利でお得に利用できるサービスも誕生しています。頭金の支払い金額や月々の支払金額だけでなくボーナス払いなども組み合わせることができて、ローンを組む期間も短くすることができます。利用を考えられている場合には、自動車販売店や金融機関に問い合わせることによって利用することができます。



ETCカードはクレジットなしでも作れる?

ETCカードとは、本来クレジットカードの追加カードとして発行されます。ですからクレジット機能のないカードはあり得ないことになります。しかし、これまでクレジットカードをもっていなくて、ETCカードのためにクレジットカードを申し込むという場合、どうしても審査に通らない事情がある場合もあり得ます。また、クレジットカードをもつこと自体が嫌、という方もいますから、ETCカードをクレジットなしで作りたいという要望があることも事実です。

では、ETCカードをクレジットなしで作るのにはどうしたらよいかというと、「ETCパーソナルカード」を作るという方法があります。「ETCパーソナルカード」とは、デポジット(保証金)を預託することで、有料道路(高速道路)のETC走行を行うものです。

具体的にはカードを申込みんだ後、デポジットを預託します。するとデポジットを担保とした上で、ゆうちょ銀行や各銀行口座から1か月単位で利用料金が引き落とされることになります。 ここで注意したいのは、引き落とされる料金は、デポジット(保証金)から引き落とされるのではない(デポジットはあくまで担保なので)ということです。

デポジットはプリペイドカードのように、前払い金としてそこから通行料金が引き落とされるお金ではないということです。ですから、引き落とし口座にはデポジットの他に通行料金を支払うお金も常に用意されていなければなりません。このようにETCカードをクレジットなしで作る方法はあるにはありますが、結構お金が必要ということを知っておく必要があります。



更新日:2017/12/12